Stable diffusionにおすすめのデスクトップPCを今から用意するならこれ!

PCデバイス・パーツも期間限定でセール中

画像生成AIの分野では、高性能なグラフィックボードが必須です。しかし、市場には多くの種類があり、どれが自分に適しているか迷ってしまうことも。

そこで本記事では、画像生成AIに最適なPCを厳選してご紹介します。

Stable Diffusionにおける必要スペックやパーツの性能・価格、おすすめのBTOパソコンやお得にパーツ購入をする方法などを紹介します。

目次

今からStable Diffusionを構築するならグラボVRAM12GB以上が推奨

触ってみる程度ならVRAM8GBのグラボでもいいが、それならPCを新調するお金でMidjourney, Novel AIに課金したほうが良さそう。グラボのVRAMを12GBにするメリットは下記の通り。

  • 高解像度・生成速度に影響がある
  • 独自のモデル学習が可能
  • 今後出て来るであろう他のAIツールも触れる
  • クリエイティブ系のアプリも快適になる

Stable diffusionを使い始めたときのPCのグラボはGTX1070ti(8GB)でも512×512サイズの画像の生成できました。

しかし、画像サイズをあげたり高画質のモデルを選択すると1枚の生成でも2~3分かかることもあり、モデルの学習もできない、さらに今後出て来るであろうAIツールを使う上でネックになる可能性があるのでこれからPCを新調する人にはグラボのVRAM12GB以上を推奨する。

デスクトップPC以外にVRAM4GBのGTX1650ti搭載ノートPCを所有しており、試しにStable Diffusionインストールしてみたが動作させるためにあらゆる制限を設定でしないといけない割にまともな画像が生成できないので使い物にならなかった。

性能面でもパーツの変更もしやすいメンテナンス性でもデスクトップPCを選ばない手は無い。

グラボメーカーNVIDIAとRadeonならNVIDIAを選ぶ

Stable Diffusionを使うなら現状はNVIDIA一択になっている。GPUはAIの肝なので今後のアップデートやAMDの対応で選択肢が増えてコストが下がることに期待。

おすすめのGPU(グラボ)一覧|RTX3060/RTX4070(Ti)/RTX4080/RTX4090

2023年4月の価格を調査して一覧にまとめました。

用途品番VRAM価格
入門RTX306012GB¥49,800~
RTX4060 Ti16GB¥75,000~
ミドルスペックRTX407012GB¥98,600~
RTX4070 Ti12GB¥124,800~
ハイスペックRTX408016GB¥179,800~
RTX409024GB¥262,800~
価格.comの最安値価格を参照

A4000とA6000は業務用GPUと呼ばれるもので特にA6000はVRAM48GBと最高峰のグラボで4Kサイズの画像が生成できるスペックになります。ただし、Aシリーズは安定動作を売りにしている業務用で価格が高いのでRTXシリーズを選ぶ方がコスパが良いです。

結局おすすめのグラボは何?

グラボの予算感がわかったところで次にどのくらい生成速度に違いがあるのかを表にまとめました。

512×512サイズの画像を10枚生成したときの速度の比較

RTX3060約44秒
RTX4060 Ti約26秒
RTX4070約20秒
RTX4070 Ti約17秒
RTX4080約15秒
RTX4090約10秒
  • これからAI画像生成をなるべく安く始めたい!
    • RTX3060がおすすめ
  • AI特化でコスパが良いグラボ
    • RTX4060 Ti 16gbモデル
  • コスパよく生成速度が早いものがいい!
    • RTX4070がおすすめ
  • 最強の環境を構築。AIの進化にも対応できる、なんでもできるようにしたい!
    • RTX4090がおすすめ

グラボ別画像生成能力の詳しい検証はこちらの記事がとてもわかり易いのでグラボのみ買い替えたい方は一読をおすすめします。

参考記事:https://chimolog.co/bto-gpu-stable-diffusion-specs/

各グラボで一番安いおすすめのPC一覧

メーカー価格
入門機
RTX3060搭載PC
NEWLEAGUE¥129,800
ミドル
RTX4070搭載PC
GALLERIA¥223,680
ミドル
RTX4070Ti搭載PC
HP OMEN¥301,780
最上級
RTX4090搭載PC
GALLERIA¥582,480

CPUは10世代以降、メモリは16GB以上。モデルをマージするなら32GB推奨

基本的にCPUは何でも良いと言われているが、モデルのマージや画像生成時にネットサーフィンや画像ソフトで修正作業など合間に何か作業するなら10世代以上を使うと安心。13世代とまでは言わないがわざわざ古いCPUを使う理由はありません。

私のパソコンでStable Diffusionの画像生成を1070Ti、youtubeや調べ物は第8世代のIntel i7-8700 の内蔵グラフィック機能を使用してた時は負荷の影響かPCが一瞬止まったりしました。

メモリに関しては、モデルのマージ(モデルの学習ではなくモデル同士の組み合わせ)をするときにメモリ16GBの環境ではPCがフリーズしたが、32GBのノートパソコンで試したらマージ完了できたので32GBを積むことをおすすめします。

Stable DiffusionでのAIイラスト作成におすすめのBTOパソコン

RTX3060搭載のおすすめBTOパソコン

AI生成の入門機となるRTX3060 12GB番のおすすめPCを紹介します。

メーカー価格おすすめ度
NEWLEAGUE¥129,800
ASTROMEDA
ORIONi5124F-M16V406-WH-V002-1
¥161,616
ドスパラ
RM5C-R36
¥163,280
mouse
G-Tune DG
¥229,768
スクロールできます

NEWLEAGUE

¥129,800

CPUCore i5 12400F
GPUGeForce RTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ512GB (M.2 NVMe) SSD
その他1年間無償保証

ASTROMEDA

ORIONi5124F-M16V406-WH-V002-1

¥161,616

CPURyzen 5 5500
GPUGeForce RTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ1TB(M.2 NVMe) SSD
その他1年保証

ドスパラ

RM5C-R36

¥163,280

CPUCore i5-13400F
GPUGeForce RTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ1TB SSD (NVMe Gen3)
その他保証期間1年

mouse

G-Tune DG

¥229,768

CPUCore i7 13700F
GPUGeForce RTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR5
ストレージ500GB (M.2 NVMe) SSD
その他3年間修理保証

RTX4070/4070Ti 搭載のおすすめBTOパソコン

RTX4070搭載モデル

メーカー価格おすすめ度
パソコン工房
LEVEL-R779-134-TL9X
¥226,700
ドスパラ
ガレリア XA7C-R47
¥244,880
mouse
G-Tune DG-I7G70
¥281,934
スクロールできます

パソコン工房

LEVEL-R779-134-TL9X

226,700

CPUCore i5-13400
GPUGeForce RTX 4070 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR5
ストレージ1TB (M.2 NVMe) SSD
その他1年間無償保証

ドスパラ

ガレリア XA7C-R47

¥244,880

CPUCore i7 13700F
GPUGeForce RTX 4070 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ1TB SSD (NVMe Gen3)
その他保証期間1年

mouse

G-Tune DG-I7G70

¥281,934

CPUCore i7 13700F
GPUGeForce RTX 4070 12GB
メモリ16GB(8GB×2) DDR5
ストレージ1TB (M.2 NVMe) SSD
その他3年間修理保証

RTX4070Ti搭載モデル

メーカー価格おすすめ度
ドスパラ
ガレリア XA7C-R47
¥285,680
HP
 
OMEN25L
¥301,780
スクロールできます

ドスパラ

ガレリア XA7C-R47

¥285,680

CPUCore i7 13700F
GPUGeForce RTX 4070Ti 12GB GDDR6X
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ1TB SSD (NVMe Gen3)
その他保証期間1年

HP

LEVEL-M76M-137-ULX

301,780

CPUCore i7-13700F
GPUGeForce RTX 4070Ti 12GB GDDR6X
メモリ16GB(8GB×2) DDR5
ストレージ1TB (M.2 NVMe) SSD
その他1年間無償保証

RTX4080搭載のおすすめBTOパソコン

メーカー価格おすすめ度
ドスパラ
XA7C R48
¥367,280
mouse
MP-R7KF4SJR8ZO
¥565,600
スクロールできます

ドスパラ

XA7C R48

¥367,280

CPUCore i7-13700F
GPUGeForce RTX4080 16GB GDDR6
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ1TB SSD (NVMe Gen3)
その他保証期間1年

mouse

MP-R7KF4SJR8ZO

¥565,600

CPUCore i7 13700F
GPUGeForce RTX4080 16GB GDDR6
メモリ64GB(32GB×2) DDR5
ストレージ1TB (M.2 NVMe) SSD
HDD 4TB
その他24時間365日サポート

RTX4090搭載のおすすめBTOパソコン

メーカー価格おすすめ度
ドスパラ
ガレリアZA9C-R49
¥550,880
mouse
G-Tune XP-Z
¥685,809
スクロールできます

ドスパラ

ガレリアZA9C-R49

¥550,880

CPUCore i9-13900KF
GPUGeForce RTX4080 16GB GDDR6
メモリ16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ1TB SSD (NVMe Gen3)
その他保証期間1年

mouse

G-Tune XP-Z

¥685,809

CPUCore i7-13700KF
GPUGeForce RTX4080 16GB GDDR6
メモリ64GB(32GB×2) DDR5
ストレージ1TB (M.2 NVMe) SSD
HDD 4TB
その他24時間365日サポート

自作とBTOどっちがいいのか?

自分でパーツを見繕ってコストを下げたPCが組めるのが最大のメリットだが、少なくても15万円以上の予算は必要。パーツ購入だと保証に入るのに別料金が必要だったりするショップがある。

パーツを買う際に、一括で買う人よりカードで支払うと思うが、実はカードの分割払いで買うより分割払い金利ゼロキャンペーンがあるBTOの方がトータルで支払う額が安かったりする

構成選びや組み立てをしている時間とパーツの保証などのリスクがあるのでPC組み立ての経験がない人は無償保証付きBTOを購入してカスタマイズして自作の知識をつけていく方が安心。

自作するならPCパーツのショップをチェックしよう

PCパーツの有名ショップといえば下記のお店

TSUKUMO

ドスパラ

また、価格を比較するなら値段の変化をアラートしてくれる価格comがおすすめ。

また、近くのPCショップの店舗のX(ツイッター)をフォローしておくとセール情報や据え置き品の情報が得られます。

まとめ:stable diffusionにおすすめのPC

  • 入門器におすすめのRTX3060搭載PC
  • 生成速度・機械学習も高いパフォーマンスを求めるならRTX4070搭載PC
  • ハイパフォーマンスで大きいサイズの画像生成も可能なRTX4090搭載PC

各グラボで一番おすすめのPC一覧

メーカー価格
入門機
RTX3060搭載PC
NEWLEAGUE¥129,800
ミドル
RTX4070搭載PC
GALLERIA¥223,680
ミドル
RTX4070Ti搭載PC
HP OMEN¥301,780
最上級
RTX4090搭載PC
GALLERIA¥582,480
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次