Stable Diffusionで制作したAIイラストを加筆・修正するのにおすすめペイントソフト

PCデバイス・パーツも期間限定でセール中

  • イラストを修正するのにおすすめのソフトは?
  • 生成した画像にオリジナリティをもたせたい
  • 直感的で使いやすくて高度な編集が行えるソフトはない?

AIイラストを作ったけど生成されたイラストを少し修正したいと思う箇所がでてきませんか?

本記事では、AIイラストを簡単に修正できるおすすめのソフトを特徴と選び方に沿って解説。自分に合ったソフトを見つけ、オリジナリティあふれる作品制作をするお手伝いをします。

目次

Stable Diffusionで制作したAIイラストを加筆・修正におすすめのソフトの特徴

イラストの修正におすすめのソフトの特徴として次の4つの条件を満たすものを選びましょう。

  • 使いやすさ: 直感的な操作
  • 高度な編集機能
  • 豊富な素材
  • ファイル形式の互換性

使いやすさ: 直感的な操作

AIイラスト修正に取り組む人の中には、イラスト制作初心者も多数。そのため、直感的で使いやすいインターフェースのソフトが求められます。また、やりたいことや使い方を検索したらヒットする、多くの人が使っているソフトを選びましょう。

高度な編集機能

AIイラストの修正では、書き込みが細かくディテール調整ができるよう、テクスチャの修正、色彩の微調整、不要素の削除など、ペイント機能以外にも色合いなど画像全体の編集ができるソフトがおすすめ。

デザイン業界のプロにも愛用されている、あらゆる編集ニーズに応える豊富な機能を備えているソフトを選びましょう。

豊富な素材

人気のペイントソフトは有料・無料で使える便利な素材が豊富にあり修正や加工を効率的に進めることができます。

画像の色合いを簡単に仕上げることができたり、セリフや漫画制作に使える効果音やフォント、トーンなどが簡単に使えるのでオリジナリティのある作品に仕上がります。

ファイル形式の互換性

AIイラストを透過させたり他のファイル形式にしたい場合、様々なファイル形式に対応し、他ソフトとのスムーズなデータやり取りができるソフトを選びましょう。

具体的にはPSD、PNG、JPG、TIFFなど主要なファイル形式に幅広く対応し、Photoshopなど他ツールとのデータ互換性があるソフトが良いでしょう。

Stable Diffusionで制作したAIイラストを加筆・修正にするのにおすすめの各ソフトの比較と選び方

どのソフトが自分に合っているかの判断基準

自分に合ったソフトを選ぶには、以下の点を考慮して選んでください。

  • 予算: 有料ソフトと無料ソフトか
  • 目的: イラスト特化か汎用的な画像編集か
  • 機能の豊富さ: アマチュアからプロまで使える豊富な機能
  • 作業環境: 対応OSや要求スペックが高くないか

これらの基準から、自身の目的に合ったソフトを選択しましょう。

機能比較表

ソフト名価格主な特徴
Clip Studio Paint500円/月イラストや漫画に最適、素材も豊富
Photoshop1,180 円/月写真加工もできる高度な編集機能
GIMP無料無料の画像編集で有名なソフト
Krita無料ペインティングに特化

一番おすすめ!Clip Studio Paint

価格CLIP STUDIO PAINT PRO版
480円/月
3,000円/年
初回申込み時最大6ヶ月無料
できることイラストを描きたい
短い漫画を描きたい
動くイラストを作りたい
印刷物やグッズ、Webなどのデザイン
対応OSWindows、Mac、iPad、スマホ

多くのイラストレーターや漫画家が愛用している通称クリスタと呼ばれているソフト。

パッケージのバージョンとしてはCLIP STUDIO PAINT PROとCLIP STUDIO PAINT EXがありますが、CLIP STUDIO PAINT EXのプランは組織向けで価格もPRO版より高いので個人で使う分にはCLIP STUDIO PAINT PROで十分です。

主な特徴と利点

Clip Studio Paintは、クリスタという愛称でアマチュアから商業プロに至るまで利用されている日本発のイラスト・漫画制作に特化したソフトです。

ペンの感触を忠実に再現する自然な描き心地と、高精度な選択ツールが特徴。3D素材との連携機能も備え、パースや陰影の調整に役立ちます。

AIイラストを加筆・修正の具体的な使用例

イラストや漫画制作に特化しているので、ペイントツールから配色、スクリーントーン、セリフ入れなどこのソフトgあれば困ることはないです。

Stable Diffsionでは生成するのが難しい構図も作れる

3Dモデルで自由なポーズを作ってラフ絵を描いてStable Diffusionのi2iで画像生成をしたり、線画だけ画像生成して色塗りをクリスタ側でやるなどオリジナリティある作品を作ることができます。

公式サイトでソフトの詳細を見る

Photoshop: クリエイティブ業界標準の多機能ソフト

価格Adobe フォトプラン
1,180円/月
買い切り版
17,622円
できることイラストを描きたい
画像加工、合成
動くイラストを作りたい
印刷物やグッズ、Webなどのデザイン
対応OSWindows、Mac、iPad、スマホ

月額プランが有名ですが、実は買い切りプランでも十分というか買い切りの方が追加料金がかからなくておすすめ。

割引がある年間料金を月額で払うプランだと途中解約すると途中解約金が発生してしまうので1年後に更新を止めるのを忘れてるとまた1年契約することになってしまいます。

年額プランだと最新機能が使えますが、それがAIイラストの修正に使わない機能の場合、無駄になってしまうのでその辺も考慮して選びましょう。

主な特徴と利点

Adobe Photoshopは、グラフィックデザイン分野で広く使われる業界標準ソフト。レイヤー管理、選択ツール、レタッチブラシなど、イラスト修正に必要な機能を網羅。

AIイラストを加筆・修正の具体的な使用例

プロのイラストレーターやデザイナーの多くがPhotoshopを使用してます。写真を切り貼りして作るコラージュアートだったり、画像を組み合わせてコンセプトアートを作るなど、自身のアートスタイルに仕上ることができます。

月額プランはAdobe公式サイトで購入できます。

買い切りプランはAmazonで購入できます。

GIMP: 無料で高機能な選択肢

価格無料
できることイラストを描きたい
画像加工、合成
対応OSWindows, Mac, Linux

主な特徴と利点

GIMPは、オープンソースの画像編集ソフト。基本的な編集機能から高度なフィルター効果まで、幅広い機能を無料で利用可能。カスタマイズ性が高く、プラグインで機能拡張も可能。

AIイラストを加筆・修正の具体的な使用例

予算に制限のある個人ユーザーや小規模プロジェクトに適しています。Twitterで話題のAIイラストレーター「AI太郎」さんは、GIMPを使って独特の雰囲気のイラストを制作。フィルター効果を駆使し、AIイラストに独自のテイストを加え、フォロワーを魅了しています。

GIMPのインストールは公式サイトから

Krita: 最近人気のオープンソース

価格無料
できることイラストを描きたい
動くイラストを作りたい
対応OSWindows, Mac, Linux

無料で使えるペイントツール。まだまだ情報は少ないですが、オープンソースで使えるので英語などで検索できる人なら使い方が広がると思います。

主な特徴と利点

Kritaは、オープンソースのペイントソフト。豊富なブラシエンジンと直感的なインターフェースが特徴。タブレットの筆圧検知にも対応し、自然な描き心地を実現。

AIイラストを加筆・修正にする利用シーンと具体的な使用例

デジタルペインティングを行うアーティストに人気。テクスチャブラシを駆使し、ディテールを丁寧に描き込むことで、説得力のあるビジュアルを作り上げています。

まとめ: Stable DiffusionのAIイラスト修正ソフトを選ぶコツとおすすめのソフト

試用版やデモを利用して、実際にソフトを操作してみましょう。使い勝手や機能の充実度を直接確かめることで、より自分に合ったソフトを見つけられるでしょう。

ソフト名価格主な特徴
Clip Studio Paint500円/月イラストや漫画に最適、素材も豊富
Photoshop1,180 円/月写真加工もできる高度な編集機能
GIMP無料無料の画像編集で有名なソフト
Krita無料ペインティングに特化

YouTubeなどで使い方を分かりやすく説明している動画も多いので使い方に困ることはないでしょう。

公式チュートリアルやオンラインコースを活用し、ソフトの機能を深く理解しましょう。ユーザーコミュニティへの参加で、他のクリエイターとの交流や情報交換も可能です。

また、ブラシ、テクスチャ、3Dモデルなど、AIイラスト修正に役立つリソースの積極的な活用がおすすめ。クオリティの高いアセットを取り入れることで、作品のレベルアップにつなげられます。

AIイラスト修正に適したソフトを選び、継続的にスキルを磨いていくことが、オリジナリティあふれる作品づくりへの第一歩。自分に合ったソフトを見つけ、創造性を存分に発揮していきましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次